キャリアデザインから適正を引き出す

仕事をしている方は、一度は「この仕事って、自分に向いているのだろうか?」と不安に感じた経験があると思います。
長年、仕事をしている方であれば、「このまま、この仕事を続けていくのだろうか?」と感じる方も多いと思います。
仕事は、好きなだけでは続けることが出来ませんし、成り立ちませんからね。出来ることなら、適正にあった仕事をしていくことが出来れば理想的とも言えます。

キャリアデザインを書く際には、自分にはどういった才能があるのかも見直すことが必要。
あまり、自分の才能などは振り返ることがないと思いますが、キャリアデザインを書く際には、じっくりと自分の才能と向き合うと良いでしょう。
例えば、仕事としてはコツコツとした仕事が好きなのか、人と接する仕事が好きなのか、細かい作業が得意か、相手に合わせて話をすることが出来るかなど、細かく見直していくと良いでしょう。
そうすれば、どういったことが自分にとって得意と感じているのかを、改めて知ることが出来ます。考え方についても、同様に見直していくと良いでしょう。
判断力は早い方か、決断力はあるか、我慢強いか、声は大きい方か、アイディアなどは出てくる方か、など様々なことを見直していくことで、自分の対応なども見直すことが出来るでしょう。
そして、トータルをチェックすることで、自分がどういった面に才能があるのか、優れているのか客観的に判断することが出来ます。

こんな風に、自分の才能を見直すことは普段はありませんから、キャリアデザインを書くことで、改めて自分を知るきっかけともなるでしょう。
このように、キャリアデザインを書くことは、自分の適性を確認するきっかけともなりますので、仕事で迷いがある方にとっても有効的な方法ですよ。

Leave a Comment